幻想ミステリ博物館 館長BLOG 読書編

HP「幻想ミステリ博物館」の「館長日記」のうち、読書に関する話題を特化して、BLOGに移行しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

皆川博子氏新刊『ペガサスの挽歌』

 皆川先生の初期作品が、烏有書林という新興気鋭の出版社から刊行されます。収録作は出版社のHPによると…(初出は私が調べました)。

初期児童文学作品
 花のないお墓※
 コンクリ虫 『新潮現代童話館2』新潮文庫 1992年1月刊
 こだま※
 ギターと若者※
地獄のオルフェ 小説ジュニア 1978年2月号
天使 小説ジュニア 1979年7月号
ペガサスの挽歌 別冊小説現代 1973年11月号
試罪の冠 小説現代 1974年8月号
黄泉の女 別冊小説新潮 1976年夏号
声 カッパまがじん 1976年9月号
家族の死 オール讀物 1979年8月号 
朱妖  別冊小説宝石 1979年12月号

解説/七北数人

 ※印の児童文学3編以外は私は既読です。これが表題作掲載誌のコピー。

minagawa


 中間小説誌に掲載の作品はいずれも、『水底の祭り』『祝婚歌』などと同じ時期の作で、幻想文学志向を滲ませた風俗小説です。現在のような融通無碍の幻境が展開する作風ではありませんが、デモーニッシュな衝動に憑かれた人間たちを描いている点で、やはり皆川美学の原点の一風景と言い得ることができるでしょう。
 若者向けに書かれた「地獄のオルフェ」「天使」は、『トマト・ゲーム(単行本)』『薔薇の血を流して』をソフトにしたような青春小説で、これまた魔を呼び込む皆川文学の典型です。

 今回の単行本は「日本語の醍醐味」というシリーズの第4弾で、現在、坂口安吾、石川桂郎、藤枝静男が刊行済みです。今までは純文学作家ばかりで、そこに皆川先生がエンタメ系からエントリーされたのは、編集側の趣味なのでしょうが、趣味が同じとは嬉しいですね~(笑)。
 皆川先生の初期作品はまだまだ埋もれた短編が沢山あります。直木賞受賞作『恋紅』以前だけでも、30編も未収録作品があります。今回は単発の企画ですが、次に続いてほしいものです。それに未刊行の長編『碧玉紀』もなんとかしてほしいなあ。
  1. 2012/09/29(土) 15:09:13|
  2. 幻ミス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年のベストダズン

 あけましておめでとうございます。13年目突入の貧弱HPですが、本年もちびちびとやっていきますので、どうぞひとつ長い目で見てやって下さい。
 さて昨年は大きな震災があり、本日も正月早々震度4でびびらされましたが、それに挫けていてはイケマセン。児玉清さんや内藤陳さんという本読みの達人が逝き、さみしくなった気もしますが、それで落ち込んでいてはあきまへん。私たちは本の虫です。大いなる未読の山に徒手で立ち向かってゆくのです。
 そうは言っても昨年は、落ち着いて本を読んだ気があまりしないのも事実。その中からベストダズンはおこがましいのですが、やはりやっておかないと前に進めません、2012年が来ないのです。だから無理して選んでしまいます。

国内編
1位『開かせていただき光栄です』皆川博子(早川書房)
2位『11』津原泰水(河出書房新社)
3位『統ばる島』池上永一(ポプラ社)
4位『ばらばら死体の夜』桜庭一樹(集英社)
5位『爛れた闇の帝国』飴村行(角川書店)
6位『五色沼黄緑館藍紫館多重殺人』倉阪鬼一郎(講談社ノベルス)

国外編
1位『犯罪』フェルディナント・フォン・シーラッハ(東京創元社)
2位『都市と都市』チャイナ・ミエヴィル(ハヤカワSF文庫)
3位『アンダー・ザ・ドーム(上・下)』スティーヴン・キング(文藝春秋)
4位『ローラ・フェイとの最後の会話』トマス・H・クック(早川ポケミス)
5位『装飾庭園殺人事件』ジェフ・ニコルスン(扶桑社ミステリー文庫)
6位『ブラッド・ブラザー』ジャック・カーリイ(文春文庫)

 だいたいお気付きと思いますが、国内外とも5位、ヘ○タ○枠です(笑)。なら、6位はさしづめ、イカレ本格枠だね(爆)。そう言えば短評が済んでしまうのもアレですが。
 皆川先生の最新長編は、文句なく面白いです。各年末ベストでの軒並みベストスリー入りも、頷けます。傘寿にしてこんなアグレシッブな作品を書けるものなんですね。早いところ続編も読みたい!津原氏の幻想短編集は奇想度が高く、なおかつ美しいです。
 国外編1位の『犯罪』、初読の時は世評が高いほどは、感心しなかったのです。ところがなんだか再読しなきゃ、という強迫観念にとらわれて、ひと月しないうちにもいっかい、読んでみたのです。そしたら噛みしめるほどにくせのある味わいがえも言われず、いわゆるスルメ作品でした。ミエヴィルの奇想SFミステリや、重量級・金グ太郎飴をおしのけて、1位となりました。この辺三つ巴かな。

 とまあ、読書量が劇的に減っている今日この頃ですが、なんとかダズン選べました。青息吐息でございますが、何卒宜しゅう。
  1. 2012/01/01(日) 23:34:21|
  2. 幻ミス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土屋隆夫先生を悼む

 94歳ということで、大往生と言っていいのでしょう。しかし、まだまだご健在で、長編を発表してくださるものと信じていました。まさかの訃報に、今は蕭然たる気持ちです。イーデン・フィルポッツのように96歳で長編発表(1959年の“There Was an Old Man”)なんてニュースを待っておりましたが、それも今となっては叶わぬことです。
 土屋先生の作品は、近年台湾などで評価が高く、獨歩文化から長編13作(最後の『人形が死んだ夜』以外全作)が翻訳されています。長編に特に顕著な、嫋々たる味わいが好まれたのでしょう。かっちりとした本格謎解きと、文学味溢れる人間性と言う、相反する要素を併せ持った作風は類例がなく、まさにオンリーワンの作家でした。
 奇しくも来年は鮎川哲也先生の十周忌でもあり、今頃乱歩正史両先生や戦友・鮎川藤村両氏と再会されていることと思います。素敵なミステリを、長い間ありがとうございました。
  1. 2011/11/14(月) 22:47:41|
  2. 幻ミス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

光文社文庫の赤江瀑短編傑作選を読む

 なぜか書店にこの3冊が揃っていると、買ってしまうのだ。新刊で出た時も買っているのに、なぜか買ってしまう。ヲタクの欲目だろうか、知らない人に買われるのが不憫で、つい買ってしまう。馬鹿である。
 赤江氏のファンを一人でも多く増やすためなら、積極的に未知の読者に買わせるべきであろうに、自分が横取りする。重ねて言うが馬鹿である。馬鹿だけど、赤江ファンなら判ってもらえるだろう、要は、少数の理解者だけで独占したいのだ。なので4セット目である。本当に、大馬鹿だ。
 馬鹿ついでに久々再読した。実は買ってこの方、目を通していなかった。まあ、今までの全作品持ってるから、別にこれ読まなくてもね、と後回しになっていたのだが。
 今まで短編代表作をまとめて再読と言うと、立風書房の『風幻』『夢跡』『飛花』が全部で48編入っててオトクだったので、そっちを読んでいたが、分厚いハードカバーで手が疲れるので、こっちにしてみた。文庫でもかなり分厚いクチに入るだろうが、こっちは全部で33編だ。まあ、新刊書店で手に入るもので、作品数がまとまっているのはこれだけ。でも、3冊とも再刷されていないようだ。品切れると絶版か…ふう…。
 もと講談社の編集者・成田守正氏が撰者のようで、同時期の学研M文庫の東雅夫氏編の『赤江瀑傑作選』とは、収録作が被らないようになっている。それぞれの巻に、幻想文学57号『伝綺燦爛―赤江瀑の世界』の鼎談で赤江文学を熱く語った、皆川博子・森真沙子・篠田節子の3氏の特別エッセイも収録されている。スバラシイ。全員、うちのHPの面子だ(笑)
 『花夜叉殺し』が幻想編、『禽獣の門』が情念編、『灯籠爛死行』が恐怖編、と銘打たれているが、総じて、幻想恐怖よりも情念が色濃い。芸や物や場に宿る「魔」が、情念を伴って闇の中から立ち上がってくる瞬間を、描き続けてきた作家だ。
 登場人物は「魔」の宿り主以外のなにものでもなく、情念の炎に焼かれて甘美にも身を滅ぼす。それだけ、ただそれだけの作家だ。しかし、それだけのことが、なんと奥深く妖しく切ないことか。ページのどこを開いても、溜息が出る。
 唯一無二の作家だと改めて感心した、というようなありきたりの言葉しか浮かばないが、ひとつ気になったのは、『禽獣』に収録されている「シーボルトの洋燈」の登場人物が、文春文庫版では「岡藤七郎」だったのが「五藤屋七郎」に変更されている点である。水先案内人の家系という設定の人物なので、屋号らしい姓に変えられたのだろうか。この傑作選は赤江氏が全面的に加筆修正をしているらしい。文章などをブラッシュアップもしておられるのだろうが、私が気がついたのはこれくらいだ。
 それにしても、この傑作選、最強です。学研M文庫の「幻妖匣」と併せてオススメするのに最適ですが、そろそろ書店の棚から消えそうです。でもご心配なく、光文社文庫の電子文庫にも収録済み。まだスマホでは読めませんが、そのうちなんとかなるでしょう。
  1. 2011/11/12(土) 15:41:09|
  2. 幻ミス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小池氏新刊文庫『懐かしい家』

 小池真理子氏は2008年5月に、出版芸術社「ふしぎ文学館」という幻想文学のレーベルから、『くちづけ』を出している。収録作は次の通り。過去に収録された作品集の名も記しておこう。

 くちづけ 『午後のロマネスク』祥伝社文庫 ※
 神かくし 『水無月の墓』新潮文庫 ※
 しゅるしゅる アンソロジー『悪夢十夜』角川ホラー文庫
 足 『水無月の墓』新潮文庫
 康平の背中 『夜は満ちる』新潮文庫 ※
 首 『薔薇船』早川JA文庫 ※
 ディオリッシモ 『見えない情事』中公文庫
 生きがい アンソロジー『ゆがんだ闇』角川ホラー文庫
 ミミ 『命日』集英社文庫 ※
 親友 『午後のロマネスク』祥伝社文庫
 鬼灯 『薔薇船』早川JA文庫
 車影 『見えない情事』中公文庫 ※
 蛇口 『くちづけ』で単行本初収録 ※
 災厄の犬 『うわさ』光文社文庫

 これを見る限り、個人作品集初収録作三作と、なかなか良心的なチョイスである。小池氏は推協賞の短編部門を受賞した「短編の名手」であるのは間違いない事実で、過去にも、河出書房新社(のちに集英社文庫)の全六巻と、早川書房のJA文庫の全四巻の、二回に亘って傑作選が出ている。
 さてこの度、角川ホラー文庫から「怪奇幻想傑作選1」と銘打った『懐かしい家』が刊行されたが、案の定、『くちづけ』の収録作とほとんど被っていた(※印)。表題作「懐かしい家」のみ未収録の近作だ。11月にも同じホラー文庫からもう一冊この傑作選が出るらしいが、おそらく残る七編が入るのだろう。
 他社から文庫化する場合、通例として単行本出版より三年が経過している必要があり、まさに『懐かしい家』は『くちづけ』から三年目である。しかし、そのどこにも文庫化のクレジットはない。作品の収録順をいじってあるし、商品の二度売りと言われても仕方のない商法である。万が一、出版芸術社版を既にお持ちの方はご留意のほどを。
 とは言え、表題作「懐かしい家」はなかなかの佳作だし、他の短編も何度読んだって良いものは良いと言えよう。しかしそれを容認できるのは、あくまで奇特な愛好家ぐらいのもんだということである。
 よって当HPではこのホラー文庫の二冊は、出版芸術社『くちづけ』の文庫化として、掲載する次第である。 
  1. 2011/05/26(木) 09:43:35|
  2. 幻ミス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。