幻想ミステリ博物館 館長BLOG 読書編

HP「幻想ミステリ博物館」の「館長日記」のうち、読書に関する話題を特化して、BLOGに移行しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レンデル作品未訳一覧

 どうもWikiはタイトル間違いや刊行年の混乱があるようなので、こちらも参考にされたし。

○ The Keys to the Street 1996 (早川書房より刊行予定)
○ Grasshopper 2000 ヴァイン名義
○ Adam and Eve and Pinch Me 2001
○ The Blood Doctor 2002 ヴァイン名義
○ The Babes in the Wood 2002 ウェクスフォード・シリーズ
○ The Rottweiler 2003
○ Thirteen Steps Down 2004
○ The Minotaur 2005 ヴァイン名義
○ End in Tears 2005 ウェクスフォード・シリーズ
○ The Water's Lovely 2006
○ The Thief 2006 中編
○ Not in the Flesh 2007 ウェクスフォード・シリーズ
○ Portobello 2008
○ The Birthday Present 2008 ヴァイン名義
○ The Monster in the Box 2009 ウェクスフォード・シリーズ
○ Tigerlily's Orchids 2010
○ The Vault 2011 ウェクスフォード・シリーズ
○ The St Zita Society 2012
○ The Child's Child 2013 ヴァイン名義

 こうして見ると、21世紀に入ってからの作品がまったく紹介されていないことがわかる。これを全部出してくれるほど早川も奇特ではあるまいし、せめてウェクスフォードのその後とか、ヴァイン名義作だけでも訳してほしいものだ。短編集も4冊未訳。もったいない。レンデルは今一番過小評価されている英国作家になってしまった。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/05(火) 15:25:40|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レンデル新刊&新作おしらせ | ホーム | ルース・レンデル氏逝去>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://warihiko.blog24.fc2.com/tb.php/36-72b8260a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。