幻想ミステリ博物館 館長BLOG 読書編

HP「幻想ミステリ博物館」の「館長日記」のうち、読書に関する話題を特化して、BLOGに移行しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルース・レンデル未訳リスト

 かつて当サイトでも「マダム・ド・サヰコ館」と称して、ルース・レンデルを取り上げたページがありました。他にハイスミスとミラーを扱っておりましたな。その子サイトを消してより、幾星霜。
 私はレンデルが今でも好きです。このブログでジェイムズを取り上げながら、いつかレンデルのことも書かねば、かつて日本でレンデル・ブームがあったことも、大量に未訳作品があることも知られないままになってしまう、と危惧しております。
 まずはレンデルの未訳作品情報をここに残したいと思います。レンデル翻訳の最後の砦だった早川書房が、レンデル側と喧嘩別れして早十年になりますが、昨年80の傘寿を迎えた高齢でありながら、毎年長編を一、二作必ず出版するというパワフルさを知っていただきたい。世紀が変わってからの全作品が未訳ですし。
夥しい未訳作品を原書で読むのもしんどいので、私もただネット上での追っかけのみなのですが、それにしても凄い…。同い年の皆川博子先生もたいそうパワフルでおられます。
 ではリストを早速。

長編小説
The Keys to the Street 1996
Grasshopper 2000 バーバラ・ヴァイン名義
Adam and Eve and Pinch Me 2001
The Blood Doctor 2002 バーバラ・ヴァイン名義
The Babes in the Wood 2002 ウェクスフォード・シリーズ
The Rottweiler 2003
Thirteen Steps Down 2004
The Minotaur 2005 バーバラ・ヴァイン名義
End in Tears 2005 ウェクスフォード・シリーズ
The Water's Lovely 2006
The Thief 2006 中編小説
Not in the Flesh 2007 ウェクスフォード・シリーズ
Portobello 2008
The Birthday Present 2008 バーバラ・ヴァイン名義
The Monster in the Box 2009 ウェクスフォード・シリーズ
Tigerlily's Orchids 2010
The Vault 2011 ウェクスフォード・シリーズ

短編集
Means of Evil 1979 ウェクスフォード・シリーズ
The Copper Peacock 1991
Blood Lines 1995
Piranha to Scurfy 2000
Collested Stories vol.1 2007
Collected Stories vol.2 2008

 長編が17冊も…。しかも5作品のウェクスフォード警部ものが未訳。日本ではノン・シリーズのほうが人気があったとはいえ、看板シリーズの邦訳がこれではね。ブームが終わっても根強い人気があったのですから、なんとかしてほしいですね。あちらでは人気作家のままなので、翻訳権が高いんでしょうかねえ。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/25(木) 11:49:11|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<光文社文庫の赤江瀑短編傑作選を読む | ホーム | クロフツィアンになれるかな?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://warihiko.blog24.fc2.com/tb.php/20-bbb6be89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。