幻想ミステリ博物館 館長BLOG 読書編

HP「幻想ミステリ博物館」の「館長日記」のうち、読書に関する話題を特化して、BLOGに移行しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

できるかな自炊

 日々コピー用紙の山と戦って、指をさくさく怪我しております。庖丁握って料理してる時よりも指を切る回数が多いかも。知らないうちに指先に切り傷が出来ていて、血が出なくともイテエのなんの。仕事でも毎日多量の配布用コピーを作ったりするので、慣れっこではありますが、それでもねえ。
 連城三紀彦氏の未刊行長編のコピーをPDF化出来ないものかと考えたのが、全てのはじまり。他の作家の未単行本化作品なども山のようにあって、そろそろ十年以上経ったものもあって経年劣化でやばいので、なんとかしなきゃと思っているんですが、我が家のスキャナに問題が。
 我が家のスキャナは二年前に買い換えた、プリンタ一体型のフラットヘッド・タイプなので、大量コピーをさばくのに全く向いていないのです。今更富士通の「Snap Scan」に買い換えるのもご予算的に無理だし、どうしたものかと途方に暮れています。
 ためしにチマチマと一枚ずつスキャナに乗せてやってみたのですが、たちまち徒労感に襲われて中断(笑)。こりゃ~ムリだろ~。枚数の少ない短編とかなら出来ますが、週刊誌連載のコピーなんて、いったい何枚あるんだ?図書館でコピーをした時も、随分おカネがかかった記憶が蘇ります。
 もうね、コピー用紙の大量ファイルを持ち歩いたほうがラク!ってな境地に至っております。ダメダメですな。データ化まで、前途はるかに遠し…とほほ…
スポンサーサイト
  1. 2011/05/21(土) 09:21:38|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小池氏新刊文庫『懐かしい家』 | ホーム | 連城三紀彦の未刊行長編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://warihiko.blog24.fc2.com/tb.php/16-84b725ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。