幻想ミステリ博物館 館長BLOG 読書編

HP「幻想ミステリ博物館」の「館長日記」のうち、読書に関する話題を特化して、BLOGに移行しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レンデル新刊&新作おしらせ

 前回の記事で未訳リストの筆頭になっていた『街への鍵』がポケミスより無事刊行されました。移植手術の患者とドナーが出逢ってしまうという禁断の物語です(読んでる途中)。
 とは言え、これはおそらく、前後の作品『ステラの遺産』『聖なる森』が同じくポケミスで刊行されていることからして、翻訳権を有しているから出した、何かしら早川書房と問題があったのがレンデルの死去で出し易くなった、と見るべきでしょうか。その後の作品が翻訳されるかどうかは正直わかりません。
 未邦訳作品の執筆時期は、作者自身の政治家としての活動時期とも重なります。貴族として叙爵されたので貴族院(上院に当たる)議員になったのですが、もとより労働党支持者で所属も労働党でした。彼女が変化を見据え続けたイギリス社会は、移民、失業、貧困、教育、環境の諸問題といった、沈む大国の様々な暗部を抱えていました。そしてそれらの問題はそっくりそのまま二十一世紀の日本にも出来(しゅったい)しているのです。
 何も社会派としてレンデルを売り込みたい訳ではありませんが、そのような激変する社会の片隅の事件を描き続けた彼女の作品は、いま現在の日本でこそ読まれるべきでしょう。そんな彼女の最後の作品が、あちらでは出版されるようです。
 ○ Dark Corners 2015
 内容無視で訳すと「暗い曲がり角」なのでしょうか。『殺す人形』を彷彿とさせて怖いタイトルです。90年代に入って『シミソラ』『聖なる森』『心地よい眺め』『街への鍵』など社会的問題を扱うことの多かったレンデルです。重い社会的テーマと甘美なサスペンスを止揚させた作風に磨きがかかった90年代の作品を読むと、世紀が変わった後にもまだまだ傑作佳作が未訳のまま埋もれていると思います。原語で読むのも大変なので、なんとかならないものかと思います。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/08(土) 18:24:42|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。