幻想ミステリ博物館 館長BLOG 読書編

HP「幻想ミステリ博物館」の「館長日記」のうち、読書に関する話題を特化して、BLOGに移行しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年間ベスト国内編1位『かがやく月の宮』

udukihara.jpg
 今年もあまりたくさん読めなかったです。というか、読みたくなくなった、というのが正直なところ。敬愛する作家がここ数年で亡くなってしまい、キャリアが長くて本来の分野で活躍されているのは、皆川博子先生ひとりです。
 その皆川先生の本が、再刊を含め、9冊も出たというのは驚きです。文庫化を入れるともっとたくさん。凄いです。毎年「このミス」や「本ミス」のアンケートで気弱なことを仰っていますが、どうしてどうして、お元気そのもの。来年も出版芸術社のコレクション続巻が出る予定です。

 さて、今年のベスト3をば。

 国内編は次の通り。

1位『かがやく月の宮』宇月原晴明、新潮社
2位『影を買う店』皆川博子、河出書房新社
3位『黒富士』柄澤齊、新潮社

 皆川先生の短編集は、今まで井上雅彦氏の「異形コレクション」をはじめとする各社のアンソロジーに書き下ろされてきたものを中心に、短い近作をまとめたもので、タイポグラフィを大胆に組み込んだ掌編など、単行本化できるのか?と危ぶんでいた作品が奇跡的に収録されていて、感涙しきりです。
 本業が木版画家の柄澤氏の久しぶりの長編は、世界遺産に登録されたばかりのアレを呪詛するが如き怪作。陳腐な物言いですが、やはり絵描きの小説ですね。
 そして宇月原氏のこれまた久々の長編ですが、ジブリの新作とネタかぶり???? いえいえ、こちらも2011年6月刊行の新潮文庫のアンソロジー『Fantasy Seller』に「赫夜島(かぐやしま)」を寄せた頃から、構想を温めてきた作品と思われます。
 古典の『竹取物語』の本文を書き換えながら、驚くべき奇想を盛り込む、宇月原氏のお得意のパスティーシュ作品ですが、結果的にジブリとは真逆の方向の傑作になっています。かぐや姫も竹取翁も胡散臭いこと夥しい上に、平安初期の東アジア情勢を睨んだ欲張りな作品。昨今の本邦を取り巻く国際情勢を彷彿とさせるアクチュアリティも備えています。
 宇月原氏は前作『安徳天皇漂海記』もその前の戦国三部作の時もそうでしたが、紛う方なき本邦の歴史を語っているのにアジア・ヨーロッパを視座に含め、海外幻想文学の美味な部分をこっそりと取り入れた、現代にしか許されない幻想文学を目指しているようです。
 今年は皆川先生の新刊以外は正直読みたい本が少なくて、ベスト企画もムリかも…と思っていましたが、いずれも劣らぬ三作が年末近くになって立て続けに出まして、何よりです。

 池上永一氏の『黙示録』や皆川先生の『海賊女王』といった大作を読み残して晦日になってしまったことが、心残りです。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/30(月) 09:50:17|
  2. 国内ミステリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『黄色い部屋』リニューアル

 晶文社から出ていた都筑道夫氏の『黄色い部屋はいかに改装されたか?』が、増補版としてフリースタイルより刊行された。現代ミステリに多大な影響を与えた評論が、こういう形で読み継がれることは、大変ありがたい。
 主に本格ミステリというジャンルについて考察した、ハヤカワミステリマガジンの連載をまとめたものが母体だが、増補されたのは、連載から生まれた佐野洋氏との論争(いわゆる「名探偵論争」)と、その前後の短論である。都筑氏いわく「モダーン・ディテクティヴ・ストーリイ」についての論が主。
 この本論の中で氏は、「昨日の本格」「今日の謎解き小説」なる呼称も使っていて、もちろん、後者が「モダーン・ティテクティヴ・ストーリイ」を指すのは言うまでもない。ミステリファンなら誰でも読んでいるであろう横溝正史の代表作を引き合いにして、この昨日と今日との差異を論じている部分は、21世紀の今でも充分通用する。
 また、連載の最初に、テレビ化された『牡丹灯籠』の視聴者投書を引いて、リテラシーの大切さを語っているが、この部分こそ、ネットが様々なレベルの感想文を垂れ流す現代に、真摯に受け止めるべき論かもしれない。
 かく言う私もこんなブログで、拙いリテラシーを曝して失笑を買っているのではないかと、日々怯えているのだが、アナログの時代から貯め込んだデータ量はけしてひけを取らないとも、自負している。間違った書誌、誤ったデータは垂れ流すまい、と精進しているつもりなのです。
 話をもとに戻すと、フリースタイルの都筑本、『ポケミス全解説』『読ホリデイ(上・下)』に続いての、ポケミス写し版で、私のようなポケミス愛好家にはウレシイが、特殊な版型だから手に取るのを躊躇する方もおいでだろうと思う。ある時代の本格ミステリ観を代表するエッセイだから、是非ともお読みいただきたい。特に、新本格以降の若い読者に手にとってもらいたいですねえ。
  1. 2012/05/04(金) 15:23:28|
  2. 国内ミステリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虫づくし…赤星香一郎を読む

 震災で蔵書が壊滅してすっかり心が折れていたのだが、それでも生きているし、余震と停電に怯えども直截の被災ではないし、なんとか日常を取り戻すべく、積ん読消化を始めた(人間いつ死ぬかわからんからねえ)。
 『虫とりのうた』でメフィスト賞を取った作家・赤星氏の作品が3作溜まっていたので、手に取ってみた。受賞作と『赤い蟷螂』『幼虫旅館』イッキ読み。
 一言でいえば「安い」。本のお値段ではない、ディテールが。そこがたまらんたまらん。虫がウゴウゴ蠢く異形のホラミスだ。私は田舎の子だったので、御器カブリ野郎であろうとキャタピラであろうと、手で掴めちゃう無神経な奴だが、これらの作品は読んでてぞわぞわした。怖いというより生理的にキタ。恰度、休みで家にいれば一日中、ユラユラと余震で脳味噌を揺さぶられるし、『幼虫旅館』なんかタイムリーに大地震でクローズドサークル化してるし(T_T)、ああ、キモチ悪かった。けなしてるんでないですよ。誉めてるの。
 昔、戸川純のアルバムに『玉姫様』というのがあって、昆虫テーマのぞわぞわする歌がいっぱい入っていた。CDラックも激しくクラッシュしたので今手許にないが、その中に「昆虫軍」というイヤ~な歌があった。それを脳内再生しながら読んでしまった。パール兄弟のサエキけんぞうが歌詞を書き、ゲルニカの上野耕路がメロディをつけたやつ。戸川独特のうなぎビブラートが炸裂した歌だった。
 赤星氏の作に話を戻すと、ホラーとミステリの融合というと近頃代表的な三津田信三の民俗学世界よりも、チープさが際立っていて、そこがたまらんたまらん(また言っとる)。デジャブ溢れる都市伝説を盛り込んだ作風が、まことに楽しい。なんとなく同世代的匂いが漂っていたので略歴を見たら、氏は私の5歳上だった。やっぱりな。平成世代の味付けではない、まるごと昭和の学校怪談のかほり。3作はサーガになっていて、『蟷螂』→『幼虫』→『虫とり』という時系列だ。
 ミステリとしてはすぐに話の先が読めてしまうのが難点だが、とにかく毎度毎度キモチ悪い虫づくしを堪能できる。メフィスト賞特設サイトではPNの由来を、「『赤』は私の好きな色、『星』は弟の名前から、『香』は妻の名前から、『一郎』は私が長男なので、それらをくっつけちゃいました」としれっと仰っているが、アカホシ言うたら、テントウムシでしょう?何から何まで虫づくし、今後も注目の作家だ。
  1. 2011/03/23(水) 22:29:16|
  2. 国内ミステリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。